Enjoyマウントライド 曽爾・御杖コース(約81km~102km)

コース、エイドの内容は予告なく変更する場合がございます。

コース概要

拠点となる「掛公園」までマップを参考して行ってください。
そこからお気に入りのチェックポイントをチームのスキルなどに応じて自由にめぐってください。

距離80.9km
最大標高差350m
平均斜度上り:4.8% / 下り:5%
獲得標高上り:1600m / 下り:1605m
ルートラボ ■基本コース
基本コース
■枝コース
基本コース上からチェックポイントへの参考ルート
掛公園~道の駅伊勢本街道御杖
御杖村役場~みつえ高原牧場
掛公園~古民家の宿木治屋
掛公園~屏風岩公苑
新宅分店~曽爾高原

※基本コースだけを辿っても、全てのチェックポイントは回れません。
※チェックポイントは、ツアーを楽しんでいただくために設定しているものです。参加者それぞれのご意向によっていくつでもご自由にめぐってください。

エイドメニュー

拠点・エイドステーション・給水・チェックポイント

【拠点・給水】掛公園

【AS】民宿2・7

曽爾村を代表する山、屏風岩がそびえ立つ前にある民宿2・7。
味付けにこだわった揚げたてのからあげは、コースを完走する力の源になること間違いなし。
曽爾村豊かな湧き水と玄米を焙煎してつくられた「玄米焙煎珈琲(アイスコーヒー)」は玄米の香ばしい香りが口いっぱいに広がる。

【AS】木治屋

ホクホク、サクサクのかぼちゃコロッケは食べ応え十分。木治屋自慢のかぼちゃコロッケ。
曽爾川でとれた鮎を炭火焼きで提供。丁度良い塩加減でと炭火の香りは絶品。

【AS】新宅分店

曽爾村の特産品であるトマト。キンキンに冷えたトマトは特別うまい。
甘みの強い曽爾村のトマトを是非食べてみてはいかがでしょうか。

【AS・CP】道の駅「伊勢本街道 御杖」

ぬくもりの湯として知られる天然温泉、みつえ温泉「姫石の湯」と農産物直売所「街道市場みつえ」が併設する道の駅。特産品のほうれん草、トマトなどの農産物のほか、鹿ハムや鹿のしぐれ煮などのお土産も購入可能である。

【AS・CP】みつえ体験交流館

昔懐かしい木造の佇まいを今に残す「みつえ体験交流館」。旧小学校舎が楽しく学べ、家族や仲間との交流を深められる憩いの空間として生まれ変わった竹細工やこんにゃくづくりなどが体験できる。また、101mの廊下では雑巾掛け大会も開催される。

【AS・CP】桃俣(もものまた)観光案内所前

【給水】御杖村役場

準備中

【CP】曽爾高原(自然の家)

秋にはススキの高原として知られる「曽爾高原」。夏には緑豊かな草原となり爽快な気分を楽しめる。甲子園球場10個分の広大な草原は関西随一の高原リゾートです

【CP】蛍公園

曽爾川では6月上旬~下旬にかけて蛍が乱舞します。「蛍公園」にかかる「かずら橋」は吊り橋になっており曽爾高原へのハイキングの玄関口にもなっています

【CP】めだか街道

伊勢本街道の宿場町「山粕宿」は今ではめだか街道として賑わっています。約10軒の軒先で珍しい種類のめだかが鑑賞出来る。25種類ほどのめだかを観て購入も可。ゆうパックにて全国発送も対応しています

【CP】屏風岩公苑

横幅2km高さ200mの岩壁は国の天然記念物指定。春には樹齢100年越えの山桜が300本咲き誇り、秋の紅葉は岩壁とのコントラストは絶景です。公苑の奥から見える紀伊山地の山脈は一見の価値あり

【CP】フジバカマ畑

準備中

【CP】御杖神社

久那斗神、八衢比古神、八衢比女神を祀る。第11代垂仁天皇の勅命により天照大神の御杖代となった倭姫命が、天照大神をお祀りする候補地として杖を残したとされる伝承の地。その杖をお祀りすることから御杖村の村名の由来となっている。

【CP】みつえ高原牧場

古光山のふもとに位置するみつえ高原牧場。三峰山、髙見山、大洞山などの山々を望める。早朝には雲海が広がり、夜は満点の星空に覆われ幻想的な雰囲気を楽しめる。都会では味わえない壮大な風景を是非自転車で走り抜けてみて。