曽爾村のエイドステーション・チェックポイント紹介

めだか街道(伊勢本街道山粕宿)

国道369号線からほんの少し脇道に入ると、そこは古き街並みが残る伊勢本街道。その宿場町「山粕宿」は今では『めだか街道』としてメディアなどでも紹介され賑わっています。約10軒の軒先で珍しい種類のめだかが鑑賞出来ます。なかには数千円から数万円のめだかも鑑賞でき購入も可能です。

■チェックシール設置場所

屏風岩公苑

横幅2km高さ200mの岩壁は国の天然記念物指定。春には樹齢100年越えの山桜が300本咲き誇り、秋の紅葉は岩壁とのコントラストは絶景です。公苑の奥から見える緑に覆われた夏の紀伊山地の山脈は一見の価値あり

■チェックシール設置場所

お食事処2・7(エイドステーション)

地元から観光客まで多くの方が訪れる食堂と民宿を営む「鎧岳」が見える絶好のロケーションでゆっくり休憩して下さい。エイド食は「からあげ」をご用意しています。

新宅分店(エイドステーション)

サイクルステーション「新宅分店」は、近くから鎧岳をみることができます。店内はイートインになっており手作りパンやピザもオーダーできる。菓子パンやドリンク類も豊富な品揃え。エイド食は曽爾村の新鮮な「とまと」をご用意

古民家の宿木治屋(エイドステーション)

古民家の宿の前には曽爾川があり里山の田園風景がすばらしい。夏は鮎おとり屋を営み釣り客で賑わいます。エイド食には「コロッケ」をご用意。

蛍公園

目の前に「鎧岳」、振り向けば「曽爾高原」を望める絶好のロケーション。曽爾川では6月上旬~下旬にかけて蛍が乱舞します。「蛍公園」にかかる「かずら橋」は吊り橋になっており曽爾高原へのハイキングの玄関口にもなっています。自転車で公園まで行くこともできますが、県道に自転車を置いて歩いて階段を下りるのも便利です。

■チェックシール設置場所

曽爾高原ファームガーデン

曽爾高原の麓にある観光拠点施設。お米パンの「お米の館」や、奈良県唯一のクラフトビール「曽爾高原ビール」を製造し直営店のレストラン、天然温泉「お亀の湯」も併設。曽爾村のご当地おみやげの種類も豊富にそろっています。朝収獲野菜の直売所も人気です。

■チェックシール設置場所

曽爾高原

秋にはススキの高原として知られる「曽爾高原」。夏には緑豊かな草原となり爽快な気分を楽しめる。甲子園球場10個分の広大な草原は関西随一の高原リゾートです

■チェックシール設置場所